« 2012年10月 | メイン | 2013年07月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月22日

結婚式でカクトレドレス

私は、地元の結婚式場で結婚式をして前写しもしました。

カクテルドレスを決めるときに、母親が着いてきていたのですが、私はブルーのドレスを、と思っていたのですが母がどうしても黄色にしてくれ(今でも謎)と言うので、ウェディングドレスは、私の好み100パーセントで決めたので、お金も出してもらうしとここは一歩譲って黄色にしました。

ですが、ウェディングドレスは私の好み100パーセントだったので非常に満足でした。

ウェディングドレスは、肩が全快に出るタイプでした。
その頃は、痩せていたのですっごく自分に似合ってました。また、タイトなタイプで非常に体の線が綺麗に出て100パーセントの好みでした。

ですが、カクテルドレスは自分的にはイマイチでしたが、結婚式の3年後、母親が死んだので、あの時、黄色のカクテルドレスにしてあげて良かったな~と思います。

後、ウェディングケーキは長方形の白いケーキに友人に、チョコペン、生クリーム、イチゴなどを渡し、寄せ書き常態にして貰いました。

が、ライトですぐに溶けていました・・・・がご愛嬌です(笑)

記念に残る、結婚式を全快で楽しみました!

今でもたまに写真を見てニヤニヤしています!

棺おけにも入れてあげました。

結婚式の衣装合わせ

京都・八幡市の石清水八幡宮で式を挙げました。
婚礼衣装は提携のお店が指定されていました。
和装ということは決まっていたのですが、具体的にこういう色が良いとか決めないままに打ち合わせに向かいました。
いろいろな打掛を着たのですが、優柔不断の私はなかなか決められずにかなり悩みました。
本当は出直したかったのですが、関東在住のため、何度も時間をかけることはできず、即決が必要でした。
主人の祖母も参加するので、無難な方が良いだろうと思い、白のシンプルで品がある打掛に角隠しにすることに決めました。
由緒ある神社ですし、選択としては間違ってなかったと思います。
が、先日知人の結婚式で、赤の内掛けに現代的なヘアアレンジを見て、私ももう少し事前に調べて、今っぽいものにチャレンジしてもよかったのかなぁとも思います。
和装1着決めるのに、かなり時間がかかったので、ウェディングドレスやお色直しのドレスまで決める人は、すごい気合が必要だろうなぁと思います。

2通りになるドレス

私がウェディングドレスを選んだ理由は

私がウェディングドレスに一目ぼれしたのです!

決め手は、肩が全部出るタイプのドレスに、ボレロのようなものがついていてどっちでもお好きなほうで・・・って言われたんですけど、結婚式も前写しも2通り着ました!
お色直しは全部で5回しましたよ~。

ドレスは、華奢なレースで光沢がなく、しかも安っぽくなく。
すそはめちゃめちゃ長かったです。

ラインも思い通りだって、今思い出しても感動物でした。

光沢を抑えたレースっていうのもあんまりないし、シンプルで、かつデザイン性がありリボンのない(リボンは嫌だったんです)しかも細そうに見える・・・なんてイメージして貸衣装屋さんに行ったのですが、それ以上のものがありましたね!

母親は他のも着てみなよ~と進めて着ましたが、それ以外はほんとにくすんで見えましたw

おかげでカクテルドレスは母親の好みのものにしましたが、ウェディングドレスは自分の満足できるものを選べてよかったです!

今、仲のいい友人がドレス選びしていて、会うたびにシャメでこれどうかな~?と相談してくれているのがとっても楽しいです!ドレス選びは人のでも楽しい!

これから選ぶ人は、一目ぼれが見つかるまで妥協しない事をお勧めします!

About 2012年11月

2012年11月にブログ「ミカの手作りレストランウェディング体験記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2013年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type