« 2010年10月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月16日

結婚式のご祝儀

今年結婚式をあげました。私の結婚式はリゾートウエディングで(地元から車で2時間程)挙式+親族のみの会食をするというスタイル。当初友人は呼ぶつもりではありませんでしたが、ごく身近な6名の友人たちに挙式だけ参加してもらうことに。やはり披露宴をやらないので、招待状ではなく場所を伝える案内状のみ送り、招待のメールも「ご祝儀は辞退させてもらうよ」と伝えましたが当日、友人の半数はご祝儀を私の母に手渡していました。また、遠くまで来てくれたお礼に、と三千円程度のギフトカタログを全員に手渡し軽いお茶の席を準備したのですがそれで気を使ったのか、後日、ほかの友人からもご祝儀を3万円頂いてしまいました。日本人的なのかもしれませんが、遠慮すると言ったのに包む、お返しする、その微妙な感覚に悩みますが、頂いたことは気持ちにとても感謝するとともに自分もお祝いする側になったときは包みすぎるくらい友人たちにお返ししたいなと思います。

結婚式を明るくしたい!

"結婚式を控えている者です。

披露宴の参加者の服装なんですが、白は花嫁のドレスとかぶるのでダメという大前提がありますよね。そのほか冠婚葬祭だからか、あまり派手ではなく黒やベージュなどの服装がベターという雰囲気があります。

私は派手好きなので、出席者にはなるべくカラフルな服装で参加して欲しいのですが、これってマナー違反ですか?

考えてみると確かに身内の正装は黒留袖のような地味な服装がマナーですよね。でもせっかくの披露宴(パーティー)なので、なるべく明るい雰囲気にしたいんですよね~。

招待状に「なるべくカラフルな服装でご参加ください。」との一言を添えたいのですが、実際に洋服屋さんで売られているパーティー服も落ち着いた色合いの服が多いし、逆に迷惑になるのでしょうか?

すごく悩みます。

"

結婚式のスピーチの話し方

"結婚式は何度出ても良いものですが、困るのはやはりスピーチを頼まれたときでしょう。
友人の一人として話すのならば、基本的に当人のエピソードを交え、(意外な)人となりを紹介し、ハッピーな感じで締めるといった流れで良いかとおもいます。お酒も少し入っていることですから、すこし面白く話ができたら良いのですが、一般人にはアドリブなどは基本できません。やはり事前に原稿は用意しておくべきです。ただ、それを丸暗記しようとしないことです。それがプレッシャーになり、頭が真っ白になってしまうかもしれません。話す項目のみ5つ、6つ程度までにわけてそれだけを暗記するようにします。それぞれの項目はざっくりとあのこととあのことを話そう、というぐらいで良いと思います。その方が現場で生きた言葉で自然に話すことができると思います。
"

About 2012年10月

2012年10月にブログ「ミカの手作りレストランウェディング体験記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type